技術部

筆記具の組み立てに必要な冶具や設備を製作 新製品の生産に貢献しています 技術部 設備開発課 2009年入社

設備開発の仕事

ゼブラに入社を決めた理由は何ですか?

工業高校に進学を決めたときから、将来はものづくりに携わりたいと漠然と考えていました。私は筆圧が高く、書きづらさに悩んでいたのですが、学生時代に「サラサクリップ」を使ったとき、その書きやすさに驚きました。それまで筆記具にこだわりはありませんでしたが、そのとき初めてゼブラを意識しました。そして、多くの人にとって身近である筆記具を作るゼブラで働いて、多くの人に驚きや感動を与えたいと思ったのです。

入社前に先輩社員から、ゼブラはシマウマのように穏やかな人が多い会社だと聞いていました。群れで生活するシマウマのように、お互いに助け合う風土という意味の言葉だったのですが、実際に入社してみますと、本当にその通りの印象でした。

現在、担当しているのはどのような仕事ですか?

入社後は、工程設計課で工場の新規生産ラインの設計や、既存ラインの作業改善をしていましたが、今年度から設備開発課へ異動しました。現在は、筆記具を組み立てるために必要な冶具や設備の製作と、設備部門からオーダーされた部品の調達業務を担っています。

冶具の製作では、ほんの小さなミスも許されません。冶具のせいで不良品ができてしまうと、後工程の生産現場に迷惑をかけてしまうからです。コンマ何ミリも妥協せず、製作することを心がけています。また、以前上司から「分からないことは、怒られてもいいから、分かるまでしつこく聞け」と教わったことがあり、分からないことはとことん質問するようにしています。先輩方も嫌がらずに対応してくれます。

どんなときにやりがいを感じますか?

製作した冶具は、新製品の生産に使用するケースが多くあります。新製品にいち早く関わりを持つことができ、世に送り出すことに貢献していると実感できるのは喜びです。

「デルガード」をバージョンアップするときの組み立てで、今までの冶具で対応できない作業があり、新しい冶具の設計を私1人で担当しました。自分ではなかなか良いアイデアが出せず苦労しましたが、先輩からもアドバイスをいただきながら、なんとか冶具を形にすることができました。実際に生産でその冶具が使用されることになったときは、やりがいを感じましたね。

今後の目標を教えてください

ただ高性能な設備を製作するだけではなく、その設備を使う人のことを考えたものづくりができるようになりたいと考えています。一度に大量の筆記具を製作する設備は、仕組みもたいへん複雑です。さらに、実際にその設備を使う方が機械にあまり詳しくない場合もあります。

設備を使う方の生産効率を向上させつつ、使いやすく、万が一のトラブル時にも対処法が分かりやすい設備を製作することが目標です。

就活生へメッセージ

少しでも自分の興味を引く何かがある会社を、調べてみると良いと思います。自分から興味を持てる会社であることが大事です。私の場合は、ゼブラの「サラサクリップ」を使ってみて良いなと思いましたので、この会社を選びました。

入社後、すぐには自分のやりたい仕事に就けないかもしれませんが、そういうときでも、自分で選んだ会社なら続けられるはずです。入社する最初の時点で納得感を持てるような会社を、探してみてください。

こんな人と一緒に働きたい 前向きに物事に取り組める人

1日のスケジュール

6:30 起床
8:20 出社
8:30 朝礼
8:45 メールチェック、雑務
9:00 冶具設計
10:00 3Dプリンタで部品製作
10:15 部品加工
12:10 昼休み
12:50 冶具組立
16:00 設備部品の発注、書類作成
17:15 退社
19:00 夕食
24:00 就寝

キャリアステップ

2009年 生産技術部 工程設計課
2016年 技術部 設備開発課