• 会社案内
  • 会社概要
  • ネットワーク
  • 沿革
  • 社会的な取り組み
  • 女性活躍への取り組み

会社案内

メッセージ

TO BE YOUR HAND.

私たちは1世紀以上の長い年月、筆記具を作り続けてきました。筆記具は文字や絵などを描く道具です。ひとつの小さな道具に何故これほどこだわりを持ってきたのでしょう。筆記具は、人間の営みを記録として紙の上に残すという大切な役割を担っています。人間が過去の歴史、文化を知り、生活をより良くしていけるのも、記録を残す道具がその一助となっているからです。

筆記具にはもう一つ重要な役割があります。人間の持つ素晴らしい特性、すなわち創造性を刺激するきっかけを提供しています。人はものを創りだす時、必ずその手には筆記具があります。今思いついたアイデアを、場所や時間を問わず、手早くメモしたりスケッチしたり出来る。思考の流れを止めないことに筆記具の重要な価値が隠れていると考えます。さらに、書く行為自体が人の感性に訴える力を持つように思います。子供の頃、曇ったガラスにハートマークやヘノヘノモヘジを書いたあの指先の感触と高揚感を思い出してみて下さい。これも創造性を刺激する大きな力と考えます。

このように考えれば筆記具の可能性はもっと広がります。究極の筆記具は「人の手」かもしれません。思い通りに操れ、創造する脳を刺激する。まだまだ現状の筆記具はほど遠いところにあります。

将来的に見て、書く目的だけの筆記具開発では限界がきます。またIT化や少子化の進展に伴うマーケット縮小のなかでは、「強烈な個性を感じる会社」として他社との差別化を図ることはできないでしょう。私たちが今も将来も大切にしていくのは「筆記具はこうあるべき」というメッセージ。私たちは筆記具を手の一部として捉え、書く道具から「思い通りに操れ、脳を刺激する道具」へと進化させようと思います。

私たちは、単なる筆記具でありながら、「創造性の促進」、「文化の育成」に関わる重要な道具を提供している使命感と誇りを認識しています。過去一世紀以上かけて培ってきた財産をもとに、次の一世紀に向けてスタートした私たちの取り組み。その挑戦は始まったばかりです。

代表取締役社長
石川真一