アジア中近東営業本部

香港・台湾の販売計画や販促企画を立案 国ごとの商品作りにも一から携わります アジア中近東営業本部 海外営業部 2014年入社

海外営業の仕事

ゼブラに入社を決めた理由は何ですか?

小学校の頃から、いろいろなペンを集めるのが趣味でした。また、大学で英語を学び、海外の人と話すのが好きになったことから、海外に目を向けている文具メーカーを就職先として探していました。そして、ゼブラで面接を重ねていくうちに社風や社員の雰囲気が和やかなことが分かり、入社を決めました。変な話ですが面接が楽しかったことを覚えています。

実際に入社して、東京支店の営業部に配属になって感じたことは、先輩社員がみなさん優しくて、分からないことは何でも聞ける雰囲気ということでした。後輩に相談されたら、自分の仕事を中止してもすぐに教えてくれます。また、ゼブラには営業の女性社員もたくさんいて、困ったときにはみんなで助け合っています。

現在、担当しているのはどのような仕事ですか?

アジア中近東営業本部販売課では、アジアと中近東で現地の代理店と協力しながら商品を販売しています。国ごとに担当が分かれていて、香港と台湾が私の担当です。月1回は現地へ出張して、販売計画の調整やプロモーション企画立案、現地販売店での市場調査などを、代理店と一緒に行っています。

国ごとに市場のニーズは異なります。例えば香港・台湾ではキャラクター商品やかわいらしい商品がよく売れます。そのためかわいい柄の商品発売などその国ならではの消費者の指向を考慮して、商品企画・開発や販売店へのプロモーションを進める必要があるのです。

どんなときにやりがいを感じますか?

どのようにすれば商品が売れるのかを考えて、計画・実行するのが楽しいです。そのために、代理店の方と一緒に何度も販売店へ通いながら信頼関係を築いています。そして、販売店へ頻繁に通う中で、どんな方がゼブラの商品を買ってくださるのかを見たり、実演販売などのプロモーションでお客様から直接声を聞いたりしています。担当国のプロモーションが受け入れられてよく売れたときや、実演販売でペンの機能や良さが伝わり、お客様が喜んで買ってくれたりしたときは、やりがいを感じます。

現在、主力商品のサラサクリップに特殊な柄をつけた限定商品について、企画部と相談しつつ商品化を進めています。また、香港では「フレンチカジュアル(エッフェル塔などフランスをイメージした柄をあしらったサラサクリップ)」が人気ですので、現地で売れそうな別柄の転写商品を考えています。その国に合った商品を一から作れるようになるとは、入社前は想像できませんでした。

今後の目標を教えてください

海外でゼブラの製品がもっと売れるように営業活動を実施して、現地でのシェアを拡大することが目標です。そのためには、担当国の香港と台湾のマーケットの特性やお客様のことをもっと知って、効果のある販売戦略が立てられるようになりたいと思っています。

就活生へメッセージ

就職活動中は、不安になることがたくさんあると思います。でも、自分に合う企業が見つかるまでは、我慢強く就職活動を続けた方がいいと思います。

社会人になるといろいろな方と接する機会が増え、その分だけ楽しいこともたくさん増えていきます。

みなさんと一緒に働ける日を、楽しみにしています!

就職活動コレで乗り切りました! 就職活動は一生続く訳じゃない!

1日のスケジュール

6:00 起床
8:20 出社 メールチェック
9:00 朝会
9:30 メールチェック
10:00 会議
12:00 昼休み
13:00 出張準備
15:00 プロモーション準備、打合せ
17:00 明日の準備 週報作成
17:30 終業
18:30 帰宅
19:00 夕食
21:00 リラックス~
23:00 就寝

キャリアステップ

2014年 東京支店
2015年 アジア中近東営業本部