2017年10月17日

新たな人事制度「ゼブリターン」を導入
退職社員の再雇用で、働き方改革を推進

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、2017年10月より、退職社員の再雇用制度「Z-return制度(ゼブリターン)」の導入を開始します。
Z-return制度とは、やむを得ずゼブラを一度退職された社員に再び当社で活躍していただくための制度です。

背景

今後、日本の少子高齢化が進展するにつれ、企業にとって労働力不足が懸念されています。また、スキルや経験を持った社員がライフステージの変化など様々な理由で一度退職したものの、再び働く環境を求める方も多いと思われます。
当社では、男女問わずライフステージの変化に合わせて柔軟に働くことができる環境をつくりたいという思いから、働き方改革に取り組んでいます。その一環として働き方の選択肢を広げるため本制度を導入いたしました。

制度の対象となる方

過去ゼブラに在籍し、下記要件をすべて満たす方が対象となります。

  • 退職事由が以下であること
    結婚による転居、出産、育児、介護、配偶者の転勤、その他会社が認めたやむを得ない事由
  • 退職時の雇用形態が、直接雇用従業員であること
  • 退職時の勤続年数が、原則満3年以上であること
  • 当社を退職後の離職期間が、原則5年以内であること
  • その他、会社が定める基準を満たしていること

再雇用後の雇用形態

原則、離職前の雇用形態に準じます。

  • ただし、離職前に「正社員」であった場合は、入社後6ヵ月間は契約社員となります。

再雇用後の処遇

ご本人のキャリア、知識、保有するスキル等を総合的に考慮して個別に定めます。

エントリー方法

ゼブラのウェブサイトで受け付けています。

<参考>制度のネーミング

今年で創業120年となる当社は、社名をZEBRA(縞馬)としています。縞馬は、群生しつねに一致協力して生活を守り続けていることから、全社員が一致協力して、文化の発展にかかせない筆記具の製造に邁進することを願って、ZEBRA(縞馬)を商標と定めました。
今回導入する「Z-return制度(ゼブリターン)」は、ZEBRA(ゼブラ)に戻ってくる(リターン)というイメージで、制度名をつけました。

報道関係の方のお問い合わせ先

ゼブラ株式会社 広報室:池田・鈴木
TEL:03-3268-1228

制度利用に関するお問い合わせ先

ゼブラ株式会社 HRM部
TEL:03-3268-1227