漢字とカナの読み書きでの違い

「読む」という行為でも漢字とカナでは脳の回路が異なります。カナ文字を読む回路は、視覚野→左角回→ウエルニケ領野であり、漢字を読む回路は、視覚野→左側頭葉後下部→ウエルニケ領野となります。

また「書く」回路もカナでは、ウエルニケ領野→左角回→体性感覚野となり、漢字では、ウエルニケ領野→左側頭葉後下部→視覚野→左角回→体性感覚野となります。

実際にはこれに右脳との関わり合いも影響してきます。漢字だけが書けなくなる失書症や、かなの読み書きができなくなる失読失書が起こるのも、脳の複雑なつながりがあるからです。漢字とかなをバランス良く読んだり手で書いたりする習慣を持ちましょう。