楷書体の書き方1

初心者の方は、少字数にしぼって基本となる点画をしっかりと覚えることが大切です。

  • 枠線のついてる画像をクリックすると、画像が変わります。

筆順は美しく書くための必要条件です。正しい筆順を覚えましょう。

楷書体の書き方2

文字を美しく整えるための原則を覚えましょう。漢字は約五万字あると言われますが、それらを美しく書く原理は同じです。

  • 枠線のついてる画像をクリックすると、画像が変わります。

1.左右対称に

2.横画はやや右上がりに

3.あきを等しく

4.横画の一番長い線は一文字の中で一ヶ所だけ

5.囲まれる文字は小さめに(いっぱいに書くと大きすぎてしまう)

6.台形の形に整える文字は多い。

7.ひとやねの角度は約90度がよい。

楷書体に見合うひらがなの書き方

文章の七割はひらがなと言われています。漢字と違って曲線の集まりなのでポイントが捉えづらいところですが、たった四十六字ですのでしっかりと身につけて下さい。※( )内はよくない例

  • 枠線のついてる画像をクリックすると、画像が変わります。