行書体の書き方

行書体は楷書体よりも流れのテンポが少し速い書体です。"流れる"ような字の美しさをこの行書体から学びとりましょう。

  • 枠線のついてる画像をクリックすると、画像が変わります。

1.点画のつながりの線を見える線で書く。

2.二点画以上を一筆でつづけ書きする。

3.点画の形を変えたり、省略したりする。

4.角を丸くする。

5.楷書体のように強い打ち込みをつけず軽く入って全体をやわらかみのある線質にする。

6.細い線は楷書体より短く書く。

7.実線でないつながりの線は、力を抜いて勢いよく。

行書体に見合うひらがなの書き方

ひらがなはもともと草書体から成り立っています。楷書体にはかためのひらがなを、行書体にはやわらかめのひらがなを使うことにより文章全体の調和を図ります。

  • 枠線のついてる画像をクリックすると、画像が変わります。

1.点画をつなげて書く

2.線を短くする

3.線の形を変える

4.点画を省略する

5.線にやわらかみを持たせる