環境活動(野木工場)

ISO14001環境マネジメントシステム

ゼブラ株式会社野木工場 環境方針

ゼブラ株式会社野木工場は、地球環境と事業活動の調和を目指し、継続的に環境保全と汚染防止に努めます。

  1. 環境マネジメントシステムの継続的改善を行い、環境保全に努めます。
  2. 省資源・省エネルギー活動に積極的に取り組みます。
  3. 廃棄物の削減及びリサイクル・リユース化を推進します。
  4. 適用法規制及びその他要求事項を遵守します。
  5. この方針を社外へ公開し、工場全従業員への周知徹底・意識向上に努めます。

ISO14001環境マネジメントシステム認証取得

ゼブラ野木工場(栃木県)

2002年3月8日野木工場においてISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しました。従業員の環境意識向上と、全員参加による積極的な環境改善に取り組んでおります。

JQA-EM2220 野木工場

概要
事業者:ゼブラ株式会社 野木工場
所在地:栃木県下都賀郡野木町野木140
登録範囲:筆記具の製造
登録証番号:JQA-EM2220
登録日:2002年3月8日

圧縮梱包機の導入

包装工程などで発生する端材の廃プラスチックを圧縮し、減容化する設備の導入を進めております。プラスチック類を圧縮梱包機に投入する事で、体積が約6分の1に減容化され、収集運搬回数を大幅に減らすことが可能となり、処理コスト、運搬による環境負荷を低減することが出来ます。

インク製造容器の洗浄液を蒸留再生

2007年に蒸留再生装置を導入し、インク製造に使用した機器等を洗浄する為の溶剤を再生し再利用しています。 複数回使用する事で、排出される廃液量を削減しています。

野木工場周辺の清掃活動

ゼブラ社員が年に2~3回、野木工場周辺の清掃を行い、環境美化活動に努めています。

法令遵守への対応

野木工場から排出される排水・ばい煙などに関して、関連する法律・県条例を遵守し、決められた基準値である事を確認し管理しています。